埼玉情報サイト「さいたまなび」ロゴマーク


埼玉県の桜スポット

埼玉県内にあるお花見スポット、桜の名所をご紹介しております。日本のさくら名所100選に選定される大宮公園や熊谷桜堤、長瀞から隠れた桜の名所まで幅広く掲載しております。掲載情報以外におすすめスポットがありましたら是非教えてください。※写真をクリックすると詳細情報がご覧いただけます。

東京都神奈川県埼玉県群馬県栃木県茨城県

伊佐沼公園
伊佐沼公園(埼玉県川越市)

伊佐沼公園は、川越市の東方面にある自然沼として埼玉県で一番面積の大きい伊佐沼に隣接して整備されている公園です。自然豊かな公園で、春の桜、初夏の古代蓮などの花を楽しめる場所、伊佐沼での釣りを楽しめる場所として地域の人々に親しまれています。

美の山公園
美の山公園(埼玉県秩父郡皆野町)

美の山公園は、秩父市と秩父郡皆野町の間にある標高587mの蓑山(美の山)の山頂部一帯を整備した面積41haを誇る広大な自然公園です。眺望が美しい公園、また秩父随一の夜景スポットとして知られています。その眺望に加え、桜や山つつじ、あじさいの名所として、多くの人が訪れる公園です。

大和田公園
大和田公園(埼玉県さいたま市)

大和田公園は、さいたま市見沼区大和田町の市営大宮球場とその周辺に整備されている公園です。園内には、野球場やプール、テニスコートなどのスポーツ施設が充実していますが、ソメイヨシノやシダレ桜が植えられていて、シーズンには桜のスポットとしても親しまれています。

巾着田曼珠沙華公園
巾着田曼珠沙華公園(埼玉県日高市)

巾着田曼珠沙華公園は、日高市の中心部から南西方面にある公園で、「曼珠沙華」と公園名につけられているように、約5.6haの日本一のヒガンバナ群生地があり、秋には赤く咲き誇り、多くの観光客が訪れます。ヒガンバナに加えて、春の菜の花、桜、夏のアジサイ、秋のコスモスと年間を通して綺麗な花を楽しめる公園です。

武蔵高萩駅
武蔵高萩駅(埼玉県日高市)

武蔵高萩駅は、日高市の東側にあるJR川越線の駅です。駅前から南方面に伸びる県道15号線にまでの約300mの道沿いには、桜が植えられていて、桜のシーズンに見せる桜並木は素晴らしく、地域でも有数の桜の名所として知られる場所となっています。

城山公園
城山公園(埼玉県本庄市)

城山公園は、本庄市のほぼ中央、JR八高線の通る児玉町にある丘陵地に整備された公園です。埼玉県指定の史跡であり雉岡城跡とも言われるこの公園内には、約300本ものソメイヨシノが植えられ、公園全体が桜でピンク色に彩られることから、本庄市を代表する花見スポットとして知られています。

こだま千本桜
こだま千本桜(埼玉県本庄市)

こだま千本桜(小山川河川敷)は、本庄市の児玉町を流れる小山川に沿った約5kmの河川敷に出来る桜並木です。千本桜の名の通り、ソメイヨシノを中心に約1,100本もの桜が植えられています。この桜並木は、もともと地元の各種団体の有志によって桜の植栽がされたことが始まりです。

吉見百穴
吉見百穴(埼玉県比企郡吉見町)

遺跡内にある資料館や東屋付近を中心に約100本のソメイヨシノやシダレ桜が植えられていて、花見のシーズンには、遺跡を守っているかのように咲いている桜は、また他の桜スポットと全く違う趣を感じさせてくれます。ところどころ緑に光る天然記念物のヒカリゴケを見ることが出来ますので、桜のピンクとのコントラストも雰囲気が感じられます。

さくら堤公園
さくら堤公園(埼玉県比企郡吉見町)

さくら堤公園は、比企郡吉見町の北西部、大字飯島新田にある公園です。土手沿いに整備された「ふるさと歩道」に約500本ものソメイヨシノが植えられ、その桜が約1.8kmほど続く桜並木を作り出しています。春の桜の季節には、土手側に黄色い菜の花も咲き誇るため、黄色とピンクが素晴らしいコントラストを演出します。

忍城
忍城(埼玉県行田市)

忍城は関東七名城の1つと呼ばれ、上杉・北条氏との戦いや石田三成の水攻めなどに耐え抜き、戦国時代を生き抜いたお城です。明治維新の際に壊されましたが、現在は郷土博物館を併設した忍城址(おしじょうし)として当時の面影を再現しています。

水城公園
水城公園(埼玉県行田市)

水城公園は、行田市の中心部から南方面にほど近いところにある公園で昭和39年開園という埼玉県内でも有数の歴史ある公園です。隣接する忍城の外堀の跡を利用して、中国江南水郷式造園の手法を取り入れて造られたことから、水城公園と名付けられたそうです。

所沢航空記念公園
所沢航空記念公園(埼玉県所沢市)

所沢市のほぼど真ん中に位置する県営公園。所沢は、日本で最初の飛行場が誕生した土地ということで、以後最初の国産軍用機の飛行など日本の航空歴史の重要な1歩を歩んできました。そのことから日本の航空発祥の地と呼ばれています。その飛行場跡地を、航空をテーマとした博物館を中心に整備された公園です。

鎌北湖
鎌北湖(埼玉県入間郡毛呂山町)

鎌北湖は、入間郡毛呂山町の南西方面にある湖です。昭和10年に農業用貯水池として作られた人造湖で、水深20m、貯水量30万㎥、湖の周囲は約2kmという大きさです。自然に囲まれた湖で、静かな山の中腹にあるため「乙女の湖」と呼ばれています。春には桜の名所となり、周囲の緑に溶け込む桜がとても綺麗です。

若泉公園
若泉公園(埼玉県本庄市)

若泉公園は、本庄市の本庄市役所から西に約500mほどのところにある公園で、園内を元小山川が流れています。地域の人々にとって憩いの場となっている公園です。この公園は、本庄市内にある有数の桜の名所として知られ、園内にはソメイヨシノを中心に、約160本の桜が植えられ綺麗な花を咲かせています。

大宮花の丘農林公苑
大宮花の丘農林公苑(埼玉県さいたま市)

大宮花の丘農林公苑は、さいたま市西区のほぼ北西端から上尾市に掛けて整備されている公園です。公園名に「花の丘」とあるように、園内には花畑がたくさんあり、四季折々に彩る花が綺麗な公園として知られています。春には桜の名所としても知られ、ソメイヨシノを中心に約400本もの桜が植えられています。

川越氷川神社裏の新河岸川
川越氷川神社裏の新河岸川(埼玉県川越市)

新河岸川は、川越市宮下町にある川越氷川神社の裏手を流れる川です。春になると、この新河岸川に沿って約500mほどの綺麗な桜並木となる絶景の花見スポットとして知られています。もともとは、昭和32年に川越の和菓子店「亀谷栄良」という方が、戦没者慰霊のためとして寄贈した約300本の桜の苗を植えたことから始まります。

飯能河原
飯能河原(埼玉県飯能市)

飯能河原は、飯能市を流れる入間川が蛇行して出来た河原の中でも特に広いところを整備した場所です。飯能市のこども図書館の丁度北側に広がっています。河原でのバーベキューや散歩、ボートなど様々な川遊びが出来る場所として知られています。河原の周囲は桜の名所としても知られ、春には土手沿いに桜並木が広がります。

鴻巣公園
鴻巣公園(埼玉県鴻巣市)

鴻巣市内でも有数の桜の名所としても知られ、約200本ものソメイヨシノを中心とした桜が公園周囲を飾るように植えられています。日ごろから地域の憩いの場として利用されている公園で、特に桜の季節になると多くの近隣の人々が訪れ、花見をのんびりと楽しまれています。

武蔵水路千本桜
武蔵水路千本桜(埼玉県行田市)

武蔵水路千本桜は、行田市にある全長約14.5mの武蔵水路の取水口から、水路に沿って植えられた約1000本ものソメイヨシノによって作り出された桜並木です。春の満開時には、真っ直ぐな水路沿い歩道は、まるで桜のトンネルのようになり、奥行きのある風景はなんとも言えない素晴らしさと吸い込まれるような美しさがあります。

妻沼聖天山
妻沼聖天山(埼玉県熊谷市)

妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)は春になると境内でソメイヨシノなどの桜を楽しむことが出来ます。国宝の本殿と桜、平和の塔と桜、仁王門と桜などのコラボレーションはおすすめの景観です。普段は落ち着いた雰囲気の境内ですが、桜の季節には多くの参拝者とともに桜により彩りがそえられ華やかな境内となります。

根岸家長屋門
根岸家長屋門(埼玉県熊谷市)

根岸家長屋門は、熊谷市の南東端、旧大里町エリアの冑山にある、江戸時代の豪農であった根岸家のお屋敷の一部を修復などを行い残した建造物の史跡です。代表となる長屋門は、幅が13間(1間が約1.8mなので約23.4m)、奥行きが3間(約5.4m)、屋根棟高が約10mの大きさを誇ります。

埼玉県農林公園
埼玉県農林公園(埼玉県深谷市)

埼玉県農林公園は、深谷市の南端、県道69号線を挟んでサングリーンパークと隣接している公園です。もともとは県民の方々に、農林業を体験し農林業への理解を深めることを目的に整備され、昭和63年に開園した公園です。15.9ヘクタールもの広大な園内は、四季折々の大自然が広がっています。