埼玉情報サイト「さいたまなび」ロゴマーク


蒸気機関車展示のある公園をご紹介

蒸気機関車バイオエクスプレス
蒸気機関車バイオエクスプレス

埼玉県熊谷市の熊谷駅から秩父市の三峰口駅の間を走る特別列車の蒸気機関車パレオエクスプレス(C58363)をご紹介致します。パレオエクスプレスは主に春先から秋口にかけての週末に運行される特別運行列車です。※こちらのSLの展示はありませんのでご注意ください。

本丸児童公園のSL展示
本丸児童公園(埼玉県行田市)

埼玉県行田市にある本丸児童公園は行田市市民プールや行田市役所に隣接する行田の中心にありSL展示のある公園です。昭和13年生まれの蒸気機関車「C5726」の展示。昭和46年の引退まで33年間で地球約74周半を走行したそうです。

荒川公園
荒川公園(埼玉県熊谷市)

埼玉県熊谷市にある荒川公園のSL展示は日本車輌製造株式会社製の昭和13年製のD51140号の蒸気機関車で昭和45年に廃車となり、その後当公園に展示されております。

仙元山公園
仙元山公園(埼玉県深谷市)

埼玉県深谷市にある仙元山公園内にある蒸気機関車D51885。日立笠戸工場(山口県)で昭和19年に製造され昭和48年の引退まで地球約40周分1507971.3Kmを走破し49年に深谷市に展示されております。

 

せせらぎ公園のSL展示
せせらぎ公園(埼玉県鴻巣市)

埼玉県鴻巣市のせせらぎ公園内にある、日本車輌製造株式会社製の蒸気機関車C11322は昭和21年に製造され昭和43年に廃止後、同市東裏1号公園に展示後、本公園に移設されてきた機関車です。

小手指公園のSL展示
小手指公園 (埼玉県所沢市)

埼玉県所沢市の小手指公園内にあるSL展示は川崎車輌株式会社製昭和13年製の蒸気機関車D51118で昭和51年に廃車となり、その後当公園に展示されております。総走行距離2,419,862km。

青木町公園のSL展示
青木町公園(埼玉県川口市)

埼玉県川口市にある青木町公園内には9600型9687蒸気機関車や京浜急行電鉄230形デハ236号が展示されております。大正4年1915年に誕生し1970年の引退まで大阪や北海道を走り客車や貨車を引き活躍しておりました。

山丸公園のSL展示
山丸公園(埼玉県さいたま市大宮区)

埼玉県さいたま市大宮区にある山丸公園は大宮市民会館や埼玉県合同庁舎に隣接する大宮区の中心にあり過熱蒸気式タンク機関車・SL展示のある公園です。昭和8年生まれの重量39.5トン高さ3.9m長さ11.39mの日立製作所製蒸気機関車「C1229」の展示。

さいたま市中央区役所前のSL展示
さいたま市中央区役所(埼玉県さいたま市中央区)

埼玉県さいたま市中央区にあるさいたま市中央区役所内に設置された9600型蒸気機関車は大正9年に製造され昭和46年の引退まで約52年にわたって貨物列車用蒸気機関車として利用されてきました。距離にして250万Km、地球約62周分を走破している列車であります。

大荒田交通公園のSL展示
大荒田交通公園(埼玉県蕨市)

埼玉県蕨市にある大荒田交通公園の蒸気機関車はC11形式1C2加熱タンク機関車が展示されております。昭和20年に日本車輌製造株式会社にて製作された蒸気機関車「C11304」。昭和40年の引退まで20年間で5,559,680Km地球約138周を走行したそうです。

氷川中公園のSL展示
氷川中公園(埼玉県草加市)

埼玉県草加市にある氷川中公園の蒸気機関車展示はC56(シゴロク)形C56110のSLが展示されております。昭和12年に三菱造船で誕生し昭和44年まで約32年間旅客貨物用として活躍した列車です。このタイプの最高時速は75Kmとなっております。