埼玉情報サイト「さいたまなび」ロゴマーク

埼玉県の桜の名所

「幸手権現堂堤」桜のライトアップイメージ
スポット名

幸手権現堂堤

(さってごんげんどうづつみ)

スポット住所 埼玉県幸手市大字内国府間
露店 あり(約120店)
桜の数 約1,000本
夜桜 ライトアップあり
桜の見頃 3月下旬~4月上旬
駐車場 無料駐車場あり
※桜まつり期間中は有料になります
アクセス(電車)
  • 東武日光線 幸手駅 約550m
    (バス併用 幸手駅~五霞町役場前 朝日自動車)
    ※最寄り駅となる東武日光線 幸手駅から、朝日自動車のバスが五霞町役場前まで出ているのでそれを利用し、後は現地まで徒歩500m程度の道のりです。
アクセス(車)
  • 東北自動車道 久喜I.C 約9.2km
  • 常磐自動車道 谷和原I.C 約34.8km
備考

幸手権現堂堤の夜桜について

 幸手権現堂堤は、埼玉県幸手市を流れる権現堂川の沿いにある堤防の桜並木です。
大正時代に、この堤防に沿って約6kmに渡り約3000本ものソメイヨシノが植えられました。
それが太平洋戦争によって伐採されてしまいましたが、再び植樹され現在では約1kmに渡る桜並木となっています。市内はもとより関東でも随一と呼ばれるほどの桜の名所として人気があります。

 現在、権現堂堤の周囲を隣接する権現堂調整池などとともに、県営権現堂公園として整備が行われさらに綺麗になっていくでしょう。

 幸手権現堂堤の魅力は約1kmに及ぶ桜並木ですが、その桜並木の周囲には黄色い菜の花が広がります。このピンクと黄色の2色のコントラストがずっと続く堤は本当に素晴らしい光景です。
また例年、3月末から4月の上旬に掛けて「幸手桜まつり」が行われています。
物産展やお茶会など各種イベントが開催され、多くの花見客で賑わいます。この期間中、堤中央にある峠の茶屋付近の桜と外野橋がライトアップされますので、美しく光る夜桜と水面に映える橋と言う幻想的で素晴らしい空間を堪能することが出来ます。

 春の桜はもちろん、それ以外の季節でも6月のアジサイや9月の曼珠沙華1月のスイセンなど1年を通して綺麗なお花を見ることが出来る場所となっています。

 もよりの駅からは、東武日光線の幸手から朝日バスの五霞町役場行きのバスに乗り、バス停権現堂で下車してすぐのところです。
駐車場は、桜祭りの期間は約760台分(有料)用意されています。

幸手権現堂堤景観01 幸手権現堂堤景観02 幸手権現堂堤景観03
幸手権現堂堤景観04 幸手権現堂堤景観05 幸手権現堂堤景観06