埼玉情報サイト「さいたまなび」ロゴマーク

埼玉県の桜の名所

「武蔵水路千本桜」景観イメージ
スポット名 武蔵水路千本桜
スポット住所 埼玉県行田市富士見町
備考

武蔵水路千本桜は、行田市にある全長約14.5mの武蔵水路の取水口から、水路に沿って植えられた約1000本ものソメイヨシノによって作り出された桜並木です。春の満開時には、真っ直ぐな水路沿い歩道は、まるで桜のトンネルのようになり、奥行きのある風景はなんとも言えない素晴らしさと吸い込まれるような美しさがあります。

花見スポットも多く、特に取水口付近にあるサイホンの橋の上から眺める桜は、水路の水と桜の色のコントラストがとても見事でお勧めの場所です。また、秩父鉄道と平行に伸びるエリアでは、千本桜沿いを並行して通る電車がいい風景を作り出しているだけでなく、その秩父電車に乗って千本桜を楽しむのもまた1つの楽しみ方です。その他にも、菜の花が植えられているところでは黄色とピンク、芝や緑の多いところでは緑とピンクと場所場所によって様々な美しい色のコントラストを楽しむことが出来ます。

すぐ近くにある見沼公園も桜の名所として知られ、例年春には「見沼公園ボンボリ桜祭り」が行われ、各種演芸のイベントや催し物などが開催され多くの方が訪れます。3月下旬から4月下旬が見ごろとなりますので、武蔵水路千本桜と見沼公園を花見散策のセットとしてめぐって花見を楽しまれることをお勧めします。

もよりの駅からは、秩父鉄道の東行田駅から東方面に徒歩で約20分のところ付近にあります。駐車場は、ありませんので、周辺の有料駐車場に停めるか、公共機関のご利用が便利です。

武蔵水路千本桜景観01 武蔵水路千本桜景観02 武蔵水路千本桜景観03