埼玉情報サイト「さいたまなび」ロゴマーク

埼玉県の桜の名所

「根岸家長屋門」景観イメージ
スポット名

根岸家長屋門

(ねぎしけながやもん)

スポット住所 埼玉県熊谷市冑山152
桜の見頃 3月下旬~4月上旬
駐車場 駐車スペース(無料)あり
アクセス(電車)
  • 東武東上線 東松山駅 約4.7km※バス(国際十王交通)あり
  • JR高崎線 吹上駅 約5.7km
  • JR線/秩父鉄道 熊谷駅 約8.4km※バス(国際十王交通)あり
アクセス(車)
  • 関越自動車道 東松山I.C 約6.4km
  • 首都圏中央連絡自動車道 川島I.C 約11.8km
備考

根岸家長屋門は、熊谷市の南東端、旧大里町エリアの冑山にある、江戸時代の豪農であった根岸家のお屋敷の一部を修復などを行い残した建造物の史跡です。代表となる長屋門は、幅が13間(1間が約1.8mなので約23.4m)、奥行きが3間(約5.4m)、屋根棟高が約10mの大きさを誇ります。その他には、かつての剣道道場を改装した友山・武香ミュージアムなど根岸家ゆかりの展示なども行われています。(友山は幕末に活躍した根岸友山です)

そんな歴史を感じる根岸家長屋門は、桜が綺麗な場所としても知られています。春のシーズンになると、長屋門の端から端までを覆い隠すようなソメイヨシノの大木からの力強い枝と、美しい花が見事に咲き乱れます。ちょっとした江戸時代の映画の1シーンとしても登場しそうな桜と史跡の組み合わせは、また一味違う趣が感じられます。満開の時期には、多くの花見客が訪れ桜を撮影されています。桜の近くで迫力の花を撮るもよし、少し遠目で全体を撮るもよし、とにかく絵になる桜の木です。例年4月末には、友山まつりが行われています。

根岸家長屋門の近くには、その他にも桜の綺麗な桜リバーサイドパークや、あじさいで有名な保安寺などもありますので、そちらにも足を延ばされてはいかがでしょう。

もよりの駅からは、JR高崎線熊谷駅の南口から、市内循環バスひまわり号に乗り、箕輪停留所で下車し、徒歩で約5分のところにあります。または、同じく熊谷駅の北口からの東松山駅行き・上岡経由のバスに乗り、冑山停留所で下車し、徒歩で約3分のところです。
駐車場は、約20台分用意されています。

公式サイト 熊谷市

根岸家長屋門景観01 根岸家長屋門景観02 根岸家長屋門景観03
根岸家長屋門景観04 根岸家長屋門景観05 根岸家長屋門景観06