埼玉情報サイト「さいたまなび」ロゴマーク

埼玉県の初詣スポット

「春日部八幡神社」外観イメージ
施設名

春日部八幡神社

施設住所 埼玉県春日部市粕壁5597
備考

春日部八幡神社は、春日部市の中心部から北西方面に向かい、東武野田線を超えた春日部市粕壁にある八幡神社です。春日部市の総鎮守として、地域発展を見守っていただいています。

ご祭神は、誉田別尊(ほんだわけのみこと)、息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)、武内宿弥命(たけのうちのすくねのみこと)、豊受姫命(とようけひめのみこと)、ご利益は、ご祭神が安産・長寿の神様と知られていることから、安産、命名、健康長寿、無病息災、五穀豊穣などとなっています。

初詣の際には、歳旦祭が行われます。春日部市でも一番大きく有数の神社ということもあり、年末の大みそかから、長い参道一杯に多くの参拝客が訪れます。
境内の参道中央に植えられている大銀杏は、伝説のイチョウとも言われ迫力のある姿を見せてくれます。
見頃の時期は、11月中旬から12月上旬ですが、初詣のついでに伝説のイチョウの雄大な姿を確認してみてもいいかもしれません。

最寄りの駅からは、東武野田線の八木崎駅から徒歩で約7分のところ、春日部駅からは徒歩で約20分のところにあります。
駐車場は、約20台分用意されていますが、初詣の際には大変混雑しますので、公共機関の利用か周辺の有料駐車場の利用をお勧めします。

春日部八幡神社外観01 春日部八幡神社外観02 春日部八幡神社外観03
春日部八幡神社外観04 春日部八幡神社外観05 春日部八幡神社外観06