埼玉情報サイト「さいたまなび」ロゴマーク

埼玉県の初詣スポット

「川越氷川神社」外観イメージ
施設名

川越氷川神社

(かわごえひかわじんじゃ)

施設住所 埼玉県川越市宮下町2-11-3
アクセス(電車)
  • 西武新宿線 本川越駅 約2.0km
  • 東武東上線 川越市駅 約2.3km
  • JR・東武東上線 川越駅 約2.7km
アクセス(車)
  • 関越自動車道 川越I.C 約5.3km
  • 首都圏中央連絡自動車道 川島I.C 約7km
備考

川越氷川神社概要

川越氷川神社(かわごえひかわじんじゃ)は川越市の宮下町にある川越の総鎮守とされ歴代川越藩主の篤い崇敬を受けた神社です。
氷川神社の本殿は埼玉県指定の有形文化財となっており、例大祭である川越氷川祭は関東三大まつりで国指定のの重要無形民俗文化財になっています。

また氷川神社大鳥居は高さ20メートル、笠木の幅20メートル、柱周6メートルと木製のものとしては国内随一の大きさとなります。中央扁額の社号文字は幕末の幕臣、勝海舟の直筆のものとなります。

御祭神は素戔嗚尊・奇稲田姫命脚摩乳命の夫婦とその子供大巳貴命、そして脚摩乳命・手摩乳命の夫婦です。
結婚と家庭円満の姿をしめした二組の夫婦の神様をおまつりしていることから、御神徳は[縁結び]として知られています。

初詣について

初詣では、1月1日から1月11日まで元朝祭(新年開運大祈願祭)が行われ、『特大福矢』が当たる福銭撒きが行われています。
参拝者数はおよそ17万人参られるそうです。

アクセスについて

最寄の駅からは、JR東武東上線川越駅から東武バス神明町車庫行に乗り、喜多町で降りて徒歩約5分のところにあります。
駐車場は、周辺に第1~3まで3箇所用意されています。

周辺観光スポット

川越氷川神社周辺には「蔵造りの町並み」や「菓子屋横丁」、「時の鐘」、「川越城本丸御殿」など観光スポットが数多くありますので川越散策をしてみてはいかがでしょうか。

川越氷川神社本殿 川越氷川神社外観 川越氷川神社境内
川越氷川神社本殿 川越氷川神社外観 川越氷川神社境内
川越氷川神社大鳥居 川越氷川神社参拝口付近 大鳥居(高さ20メートル・笠木の幅20メートル・柱周6メートル)
高さ20メートルの川越氷川神社大鳥居 川越氷川神社参拝口付近 大鳥居(高さ20メートル・笠木の幅20メートル・柱周6メートル)
一年安鯛みくじ(初穂料300円) 絵馬を奉納する参道 絵馬参道
一年安鯛みくじ(初穂料300円) 絵馬を奉納する参道 絵馬参道