埼玉情報サイト「さいたまなび」ロゴマーク

城・城址

菖蒲城
施設名

菖蒲城

(しょうぶじょう)

施設住所 埼玉県久喜市菖蒲町新堀
備考

菖蒲城は、埼玉県久喜市菖蒲町新堀付近の地にかつてあったお城で、現在は菖蒲城址あやめ園として整備されています。1456年に古河公方足利成氏が金田式部則綱に命じて築城させた際に、竣工した日が5月5日の菖蒲の節句だったことから、城の名前が菖蒲城となったと言われています。その後、1590年の豊臣秀吉の小田原征伐の後、廃城となりました。
現在では城の面影としては、城址の石碑があるのみとなっています。菖蒲城址あやめ園は、50種以上約35000株もの花しょうぶが植えられていて、例年、見ごろを迎える6月~7月に掛けてあやめとラベンダーのブルーフェスティバルが行われ、多くの観光客が綺麗なお花を観賞しに訪れている公園です。

 もよりの駅からは、JR高崎線の北本駅から北東方面に徒歩で約1時間30分のところ、車で約25分のところにあります。車の場合は、東北自動車道の久喜I.Cから西方面に約8kmのところです。
駐車場は、ブルーフェスティバル開催中は、久喜市菖蒲総合支所周辺に約1000台分用意されます。

菖蒲城外観01 菖蒲城外観02 菖蒲城外観03
城跡に咲く花01 城跡に咲く花02 城跡に咲く花03
城跡に咲く花04 城跡に咲く花05 城跡に咲く花06