埼玉情報サイト「さいたまなび」ロゴマーク

城・城址

深谷城
施設名

深谷城

(ふかやじょう)

施設住所 埼玉県深谷市本住町17
備考

深谷城は、 埼玉県深谷市本住町を中心に市街地一帯に戦国時代から江戸時代に渡り存在した平城で、現在は深谷城址公園として整備されています。深谷上杉氏の一人、上杉房憲によって1456年に築かれた以後、1590年の豊臣秀吉の小田原征伐で無血開城が行われ、1634年に廃城となるまで約170年の歴史とともに存在していたお城です。
深谷城の面影としては、深谷城址公園には模擬石垣や塀、堀が作られて(遺構ではない)、遺構としては、隣接する冨士浅間神社の周囲に外堀跡を残すのみとなっています。
城址公園は、コンビネーション遊具やアスレチック遊具、広場、ベンチなどが整備されていて歴史を感じながらのんびりと休息するのに適しています。
また、地域有数の桜の名所として知られ、春先には多くのお花見客で賑わう公園です。

 もよりの駅からは、JR高崎線の深谷駅から北方面に徒歩で約15分のところにあります。
車の場合は、関越自動車道の花園I.Cから北北東方面に約10kmのところです。
駐車場は、約20台分用意されています。※深谷コミュニティセンターと兼用。

深谷城外観01 深谷城外観02 深谷城外観03
深谷城外観04 深谷城外観05 深谷城外観06