埼玉情報サイト「さいたまなび」ロゴマーク

おすすめスポット

清風亭イメージ
スポット名

清風亭

(せいふうてい)

スポット住所 埼玉県深谷市大字起会110-1
備考

清風亭は、近代日本経済の父と呼ばれる渋沢栄一に見込まれた第一銀行頭取、佐々木勇之助の70歳の古希記念して、大正15年に現在の東京都世田谷区にあった第一銀行の保養施設、清和園内に建築された建物です。
その10年前の大正5年に渋沢栄一の喜寿を記念して建築された誠之堂と並べて建築されました。
現在は、誠之堂同様に埼玉県深谷市にある大寄公民館の敷地内に移設されて、埼玉県指定の有形文化財になっています。

 構造は、鉄筋コンクリート造りの平屋建て、外壁は人造石掻落し仕上げの白壁に黒いスクラッチタイルと鼻黒煉瓦によってアクセントのあるデザインになっています。
設計者である西村好時氏によって、当時流行していたスペイン風の様式が用いられています。

 大正12年の関東大震災以降、日本の洋建築構造が煉瓦造りから鉄筋コンクリートに変わっていく初期の建築物として、建築史的にも非常に貴重なものとなっています。
並んで立っている誠之堂とともに建築史に残る建造物を比較して見ることも出来る場所です。

 休館日は年末年始、開館時間は午前9時から午後5時までです。

 もよりの駅からは、JR高崎線の深谷駅からコミュニティバスの「くるりん」の深谷北コース西循環に乗り、誠之堂・清風亭バス停で下車してすぐのところにあります。
車の場合は、関越自動車道の花園ICから北方面に約30分のところ、関越自動車道の本庄児玉ICから東方面に約25分のところです。
駐車場は、無料駐車場が用意されています。隣接している北部運動公園の駐車場を利用するのも便利でお勧めです。

誠之堂清風亭渋沢栄一記念館渋沢栄一生家「中の家」尾高惇忠生家福川鉄橋備前渠鉄橋深谷七夕まつり深谷駅国済寺高台院畠山重忠公史跡公園日本煉瓦史料館日本煉瓦製造ホフマン輪窯深谷七福神楡山神社諏訪神社大寄公民館深谷七夕まつり深谷まつり花園フォレストふっかちゃん

埼玉県指定有形文化財の清風亭外観 玄関付近から撮影 スペイン風の外観
室内の様子を再現 当時を再現(一部)する室内の様子 落ち着いた雰囲気の室内
レンガ造りの暖炉は美しいアーチ型 煉瓦のアーチが美しいベランダの様子 重厚な扉