埼玉情報サイト「さいたまなび」ロゴマーク

おすすめスポット

スポット名 秩父夜祭
スポット住所 埼玉県秩父市
備考

秩父夜祭は、例年12月2日、3日を中心に前後4日間に掛けて行われるお祭りで、京都祇園祭、飛騨高山祭と並び、日本三大曳山祭りの1つと言われ、300年以上の歴史があります。

地元では「夜祭」とか「冬まつり」、「妙見さま」などと呼ばれ親しまれ、他の祭り地域同様にこの祭りで燃え尽きるぐらいに盛り上がるお祭りです。秩父神社例大祭の「付けまつり」と言うことで、それぞれが国指定の重要民俗文化財となっている2基の笠鉾と4基の屋台がそれぞれ丁寧に飾り付けられ、市内を颯爽と牽引され勇壮に練り歩く姿が見えると、町中が祭り一色に彩られます。

 重要民俗文化財には、笠鉾と屋台だけでなく、屋台上で行われる歌舞伎や曳踊り、そして秩父神社神楽なども指定されています。祭りに参加してみんなで盛り上がるだけで、重要民俗文化財の一部に接することが出来ます。
各種イベントも行われ、12月2日、3日には花火大会も開催されます。笠鉾と屋台のバックに打ちあがる花火もまた秩父夜祭ならではと言え、お勧めの絶景です。

 現在、秩父夜祭はユネスコの無形文化遺産登録も目指しています。

 秩父に暮らす人々の1年の総決算、集大成とも言える秩父夜祭は、地域の人はもちろん、
県内外を問わず多くの人々が参加して盛り上がります。 この素晴らしい祭りに、血が騒いだ方、ぜひとも一度接してみませんか?

秩父夜祭景観01 秩父夜祭景観02 秩父夜祭景観03
6台の山車が行き交う様子 秩父夜祭花火打ち上げの様子 秩父神社前でのお祭りの様子