埼玉情報サイト「さいたまなび」ロゴマーク

おすすめスポット

スポット名 三十槌の氷柱(みそつちのつらら)
スポット住所 埼玉県秩父市大滝4066-2
備考

 三十槌の氷柱とは、冬場に埼玉県秩父市大滝付近を流れる荒川沿いに切り立つ山々の岩肌一面を無数の氷柱が覆い隠すように出現している風景のことを言います。

 山の岩肌一面から染み出してくる湧き水が、奥秩父の冬の寒さによってそのまま凍りつららになることで幻想的な風景を作り出しています。
荒川を流れる水面と山の木々の間に大きなつららが連なり白く輝く光景は、まるでその場所がもともと滝があり、その滝が凍ったかのように見えます。
静かな迫力の中に自然の奥深さを感じられる場所となっていますので、お子様との家族旅行の思い出作りや、グループ旅行の記念のためにも、ぜひおすすめしたい景勝地です。真冬の秩父観光の際には、見逃すのは非常にもったいない場所と光景となっています。

つららが現れている期間の午前8時から午後8時または9時までが見学時間となっていて、午後5時から見学終了時刻まではライトアップも行われています。
日中でも素晴らしく幻想的なつららが、夜間のライトアップによってさらに幻想さを増して美しい輝きを放つ姿は必見です。

 もよりの駅からは、秩父鉄道の三峰口駅から西武観光バス(フリー乗降)に乗り「三十槌の氷柱」の見学場所で降りたいと運転手さんに伝えると、その場所で降ろしてくれます。
駐車場は、民間の有料駐車場があり料金は普通車で500円となっています。
無料駐車場が用意される場合もありますので、秩父観光協会大滝支部に確認されることをお勧めします。

ライトアップ

三十槌の氷柱景観01 三十槌の氷柱景観02 三十槌の氷柱景観03
三十槌の氷柱景観04 三十槌の氷柱景観05 三十槌の氷柱景観06
三十槌の氷柱景観07 三十槌の氷柱景観08 三十槌の氷柱景観09
三十槌の氷柱景観10 三十槌の氷柱景観11 三十槌の氷柱景観12
三十槌の氷柱景観13 三十槌の氷柱景観14 三十槌の氷柱景観15
三十槌の氷柱景観16 三十槌の氷柱景観17 三十槌の氷柱景観18
三十槌の氷柱景観19 三十槌の氷柱景観20 三十槌の氷柱景観21