埼玉情報サイト「さいたまなび」ロゴマーク

公園紹介


仙元山見晴らしの丘公園展望台からの景観
公園名

仙元山見晴らしの丘公園

(せんげんやまみはらしのおかこうえん)

公園住所 埼玉県比企郡小川町みどりが丘1丁目
遊具 ロング滑り台・アスレチック遊具・滑り台
施設・設備 無料駐車場・飲料水自動販売機・展望台
休園日 毎週月曜日(祝日を除く)
年末年始
駐車場 無料駐車場あり
アクセス(電車)
  • 東武東上線・JR八高線 小川町駅 徒歩約40分
アクセス(車)
  • 関越自動車道 嵐山小川I.C 約12分
備考

仙元山見晴らしの丘公園は、比企郡小川町の中心地から南東方面の仙元山の中腹に広がる公園です。平成5年11月に、ふるさと創生事業として小川町の町民のアイデアを基に作られました。

山の中腹ということで、公園名の通り小川町が一望出来るスポットが多い見晴らしのいい公園で、中でも目玉と言えるポイントなのが、全長203mというローラー滑り台からの眺めです。園内を駆け下りるローラー滑り台からは、小川町の街並みと園内の木々がパノラマで見え、滑りながら移り変わる景色は最高です。
1回の料金は高校生以上が200円、小・中学生は100円となっていますが、一滑りの価値があります。利用時間は季節毎に異なります。(夕方まで)ただ、ローラーが金属で夏場が暑いのと、摩擦熱よる火傷に注意喚起されていますので、保護用の座布団や厚手のズボンでの利用をお勧めします。

園内には、木々がたくさんあり桜も多く、春には小川町有数の花見スポットとして多くの人が訪れます。また、綺麗な芝生が多いこともあり、お弁当を広げてのピクニックにも最適です。大人やカップルには、町内随一の夜景スポットとしても人気があります。

もよりの駅からは、東武東上線・JR八高線の小川町駅から徒歩で約40分のところにあります。駐車場は、十数台分用意されています。混雑時には車の乗り入れの規制が行われますのでその場合は、埼玉伝統工芸会館駐車場に停めて遊歩道を利用が便利です。

展望台 ローラー滑り台着地点 ローラー滑り台中間地点
展望台 ローラー滑り台着地点 ローラー滑り台中間地点
アスレチック遊具 アスレチック遊具 公園に咲く桜
アスレチック遊具(わんぱくエリア) アスレチック遊具(わんぱくエリア) 幅広スライダー(ちびっこエリア)
展望台にある双眼鏡 公園入口と駐車場 自動販売機コーナー
展望台にある双眼鏡 公園入口と無料駐車場(30台) 自動販売機コーナー
ソメイヨシノ 景観とともに楽しめる園内の桜 公園に咲く桜
3月下旬から4月上旬にかけて園内ではすばらしい景観とともに桜を楽しむことが出来ます。
あじさい01 あじさい02 あじさい03
6月の梅雨時期には、公園へアクセスする山道沿いで、あじさいを楽しむことが出来ます。
公園入口のサイン 展望台から望む小川町の町並み 公園案内図
公園入口のサイン 展望台から望む小川町の町並み 公園案内図
仙元山の中腹、標高299mの園内の展望台から望む小川町
仙元山の中腹、標高299mの園内の展望台から望む自然豊かな小川町(パノラマ写真掲載)