埼玉情報サイト「さいたまなび」ロゴマーク

公園紹介


公園名

玉敷公園

(たましきこうえん)

公園住所 埼玉県加須市騎西
施設・設備 時計台・トイレ・駐車場
備考

玉敷公園の藤は、埼玉県加須市にある玉敷公園にある樹齢が400年以上、幹周りは約4.8m、そして枝張りに至っては700平方メートルにも及ぶ埼玉県でも有数の巨木の藤のことです。
もともとは、騎西町だったころに若山家にあった藤が「ぜひ町の観光資源に」と切望され、玉敷公園に隣接している玉敷神社に奉納されました。今では、その頃の人々の思いを着実に受け継いだ形で、町(地域の)のシンボルとなっています。
園内の藤は、藤棚が5棚、藤の木の本数としては30本が植えられ、県の指定天然記念物になっています。

 例年、ゴールデンウィーク(4月29日から5月6日)の間には、加須市騎西藤まつりが行われます。写真撮影会をはじめ、ミス藤むすめコンテストや地域のグループによる演舞の披露、俳句大会、そして玉敷神社神楽などの各種イベントが行われ、多くの観光客で賑わいます。
祭りの期間中を通しては、物産販売や大藤を愛する市民ボランティア大藤咲かせ隊による「藤」の案内が行われています。
藤まつりは、玉敷公園と約1km東側の城山公園と合わせて開催されいます。両場所を結ぶ区間は「ふじとあじさいの道」となっていて歩いての散策にぴったりの道となっています。

 最寄りの駅からは、東武伊勢崎線の加須駅から加須車庫行き、または鴻巣駅行きなどのバスに乗り、騎西一丁目バス停で下車して北西方面に徒歩で約10分のところにあります。
車の場合は、東北自動車道の加須ICから約15分のところです。
駐車場は、約30台分用意されています。藤まつりの期間中は、城山公園付近に臨時駐車場が用意されます。

樹齢400年以上、幹周り約4.8mの藤 園内に入ると大きな藤棚が目に入ります つつじと藤のコラボレーション
樹齢400年以上、幹周り約4.8mの藤 園内に入ると大きな藤棚が目に入ります つつじと藤のコラボレーション
時計台周辺はおすすめ撮影スポットです 記念撮影用のパネルもあります! 藤まつり期間中は露店が立ち並びます
時計台周辺はおすすめ撮影スポットです 記念撮影用のパネルもあります! 藤まつり期間中は露店が立ち並びます