埼玉情報サイト「さいたまなび」ロゴマーク

公園紹介


子供用遊具が充実する江南総合公園
公園名

江南総合公園

(こうなんそうごうこうえん)

愛称

小原運動公園

(おはらうんどうこうえん)

公園住所 埼玉県熊谷市板井377-1
遊具 ふわふわドーム・ユニバーサルコンビネーション遊具・滑り台・スプリング遊具・健康器具各種
設備 トイレ・駐車場・飲料水販売機・水のみ場・東屋・テーブルベンチ・多目的広場
施設 野球場
駐車場 無料駐車場あり
アクセス(電車)
  • 秩父鉄道 武川駅 約6.1km
  • 秩父鉄道 大麻生駅 約6.0km
アクセス(車)
  • 関越自動車道 嵐山小川I.C 約9.7km
  • 関越自動車道 東松山I.C 約14.3km
ワンポイント ※幼児向けのコンビネーション遊具から大きなコンビネーション遊具まで遊具が充実する公園。きのふわふわドームも大人気です。
備考

江南総合公園は、埼玉県熊谷市の南西端にあるスポーツ施設を中心とした公園です。平成16年度に行われた国民体育大会の馬術会場跡地を利用して整備されました。
地域に密着した公園作りが行われ、2013年には市民から愛称を募集し「小原運動公園」という愛称が決定しています。

 園内の施設には、硬式軟式兼用で両翼が100mで中堅が122mの広さを誇る本格的な野球場をはじめ、サッカーやソフトボール、グラウンドゴルフなどに利用出来る多目的広場、小さな子供達にうれしいふわふわドームや複合遊具、砂場などがある遊具広場、大人向けの健康遊具、そして多目的に利用出来る一面が芝生となっている芝生広場などがあります。

 平坦で開放的な公園ということもあり、本格的なスポーツだけでなく、ちょっと体を動かしたり、親子連れでボール遊びをしたりするのにピッタリな公園です。芝生も心地いいのでお弁当を持って行ってのピクニックもおススメです。
ただ、日陰が少ないので天気のいい日には帽子や日傘などを持って行った方がいいでしょう。

 野球場や多目的広場を利用する場合には、利用日の一か月前から公園内の管理事務所で申込む必要があります。

 最寄りの駅からは、JR/秩父鉄道の熊谷駅から小川町駅行きのバスに乗り、板井バス停で下車して徒歩で約5分のところにあります。またはJR八高線/東武東上線の小川町駅から熊谷駅行きのバスに乗り、同じく板井バス停で下車して徒歩で約5分のところです。
車の場合は、関越自動車道の嵐山小川ICから北方面に約15分のところです。
駐車場は、約200台分用意されています。

公式サイト 熊谷市

コンビネーション遊具その1 コンビネーション遊具その2 コンビネーション遊具その2の別角度
大型のコンビネーション遊具その1 船の形のコンビネーション遊具その2 コンビネーション遊具その2の別角度
小さな滑り台 ふわふわドーム グルグル肩回旋
小さな滑り台(幼児用) いぼいぼ付きのふわふわドーム(少し硬めです!) グルグル肩回旋(健康遊具)
背のばしベンチ ユッタリステップ ソロソロ平均台
背のばしベンチ(健康遊具) ユッタリステップ(健康遊具) ソロソロ平均台(健康遊具)
スイスイ屈伸 足首ストレッチャー マッサージベンチ
スイスイ屈伸(健康遊具) 足首ストレッチャー(健康遊具) マッサージベンチ(健康遊具)
ツイストスツール スプリングバー らく健タイプ ワン・ツー滑車
ツイストスツール(健康遊具) スプリングバー らく健タイプ(健康遊具) ワン・ツー滑車(健康遊具)
ジワジワ前屈 スプリング遊具 飲料水販売機
ジワジワ前屈(健康遊具) かえるさんのスプリング遊具 飲料水自動販売機
テーブルベンチ 東屋 トイレ
テーブルベンチ(8人掛け) 東屋(4人掛け) トイレ
園内案内板 江南町総合公園サイン 野球場
園内案内板 江南総合公園サイン 野球場
園路1 園路2 園路3
園路1 園路2 園路3
ヘリポート 北駐車場(遊具広場・芝生広場) 南駐車場(野球場)
ヘリポート 北駐車場(遊具広場・芝生広場) 南駐車場(野球場)
雪一色の園内の景観 真っ白になった野球場 積雪の中の駐車場
雪一色の園内の景観 真っ白になった野球場 積雪の中の駐車場
江南町総合公園案内図
園内案内図・・・公園は多目的広場、遊具広場、芝生広場、野球場、第一調整池、第二調整池で構成されております。駐車場は北と南にそれぞれ用意されております。


妻沼運動公園 別府沼公園 熊谷スポーツ文化公園 江南町総合公園
妻沼運動公園 別府沼公園 熊谷スポーツ文化公園 江南町総合公園